塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【東浦町】基礎の劣化は塗装で防ぐ! 大府市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店ミセイホーム

【東浦町】基礎の劣化は塗装で防ぐ! 大府市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店ミセイホーム

塗装の豆知識 2022.06.10 (Fri) 更新

大府市・東浦町・東海市の皆さん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のミセイホームです!!

 

 

「基礎って塗装するの?」「塗料は外壁と一緒?」「そもそも基礎って?」

…と疑問に思う方は多いのではないでしょうか?

塗装ではどうしても屋根と外壁に注目しがちですが、基礎はお家を守るために重要な土台部分です。

本日のブログでは、基礎の役割や塗装の必要性などをお伝えします!!

 

 

 

 

 

 

目次

基礎の役割【外壁塗装】

基礎塗装のメリットデメリット【外壁塗装】

大府市・東浦町・東海市の外壁塗装専門店!ミセイホーム

 

 

 

基礎の役割【外壁塗装】

基礎は、お家の重みを支える役割を持っています。

建物の荷重や地震・強風の力などを、バランス良く地盤に伝えるためのもので、地盤と建物をつなぐ重要な役割です。

さらに、地面からの湿気から守る役割も果たしてくれるんです。

基礎が無ければお家を支えるものがなくなり、地面の揺れが直接外壁に伝わってしまったり、

外壁に加わる力を逃がすことが出来ず、お家の劣化を早めてしまう可能性があります。

 

お電話はこちらから⇒0562-48-2215

お問い合わせはこちらから⇒お見積もり・ご相談ページ

 

基礎塗装の必要性【外壁塗装】

お家を守るために重要な基礎。それを守るものは「塗装」です!

基礎塗装を行えば・・・

基礎の吸水性を抑える
防水性が高まる
カビやコケの発生を防ぐ

お家の基礎で主に使われるのは、モルタルやコンクリート、セメントですが、素材自体に防水性はありません。

むしろこれらは吸水性が高い素材なんです。

そこで塗装をすることで吸水性を抑えて、防水性を高めることが出来るんです。

同時にカビ・コケの発生も防いでくれますので、美観性も高められます。

 

基礎塗装を行わないと・・・

ひび割れが発生しやすくなる
安全性・耐久性の劣化
鉄筋が腐食し、剥離や落下が起こる

防水性が無いと、当然水分を吸い込んでしまい、ひび割れに繋がります。

コンクリートやモルタルは水分を含んだ状態だと、気温の変化で乾燥と収縮を繰り返し、ひび割れが発生します。

そのひび割れから更に水分が入り込むと、鉄筋の腐食にまで達し、基礎の構造安全性や耐久性を劣化させてしまうことになります。

コンクリートは空気中に存在する二酸化炭素などで中性化を起こし、中の鉄筋も腐食させます。

すると、体積が膨らんだ鉄筋の表面はひび割れを促進させ、最終的には剥離や落下などを引き起こします。

 

お電話はこちらから⇒0562-48-2215

お問い合わせはこちらから⇒お見積もり・ご相談ページ

 

 

基礎は塗装しなくて良い!と思われていた方は、たくさんいるのではないでしょうか?

外壁塗装をご検討中の方は、是非この基礎にも着目し、安心して暮らせる塗装工事を依頼しましょう☝💕

 

 

 

 

 

 

 

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホーム自慢のショールームはこちらからご覧いただけます!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームへのお問い合わせはこちらから!!