塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【東浦町】補修が必要な劣化とは 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

【東浦町】補修が必要な劣化とは 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

塗装の豆知識 2022.05.10 (Tue) 更新

大府市・東浦町・東海市の皆さん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店のミセイホームです!!

 

 

劣化が気になってきても、補修や塗り替えはいつ頃必要なのか分かりませんよね。

今回は、劣化症状と深刻度を解説していこうと思います!

 

 

 

 

 

目次

経過観察で良い症状【外壁塗装】

補修が必要な症状【外壁塗装】

至急補修が必要な症状【外壁塗装】

大府市・東浦町・東海市の外壁塗装専門店!ミセイホーム

 

 

 

経過観察で良い症状【外壁塗装】

外壁の汚れが気になるという程度ならば、補修は必要ありません。

しかし、その汚れを長期間放置してしまうと、外壁が劣化するのを早めてしまいます。

ご自身で掃除するだけでも劣化を遅らせることは出来ますので、気になる汚れがある場合は是非掃除を!

また、0.3mm以下の細かいひび割れも経過観察で大丈夫ですが、こちらも注意が必要です。

ひび割れ箇所が進行してしまい、大きくなってしまう可能性もあるんです。

定期的な点検は必ず行いましょう!!

 

補修が必要な症状【外壁塗装】

0.3mm以上のひび割れ

0.3mm以上になってくると、裏側まで貫通してしまっているかもしれません。

内部に雨水が侵入してしまう恐れもあります。

 

色褪せ

色褪せは、塗膜の劣化が大きな原因です!!

見た目が悪くなるだけではなく、塗料の本来の性能が発揮されない状態になっています。

 

チョーキング

外壁を触ってみると、白い粉が手に付きませんか?

そうなっていれば、防水効果が無くなっています。

防水されない=雨が内側まで染み込んでしまうということです。

 

塗膜の剥がれ

お家の内部まで水分が浸み込むと、塗膜が膨れた後に剥がれていってしまいます。

さらに、剥がれた部分は水分が侵入できる状態のため、どんどん内側まで水が侵入します。

 

カビ・藻・苔

これらはわかりやすい劣化のサインです。

一度出来てしまったら、どんどん繁殖していくので早めに対策してください。

 

シーリングの割れ

外壁に施されたシーリングは、外壁材の劣化や雨漏りなどを予防しています。

他にも地震などの揺れから、外壁材のひび割れを防いでくれます。

そのシーリングが割れてしまっていれば、ひび割れなど外壁の劣化原因になりますよね。

 

至急補修が必要な症状【外壁塗装】

雨漏り

お家の内部まで浸水していた場合、断熱材にカビが生えていたり、柱が腐食してしまっていることも。。

断熱材にできたカビは「アスペルギルス」という、喘息やアトピーなどを引き起こす危険なものを発生させます。

他にも、ダニやナメクジが発生する可能性もあるんです!!急いで対策をしてください。

 

コンクリートの剥離

鉄筋コンクリートでできたお家の方は要注意です!!

内部に侵入した水分が鉄筋を腐らせて、膨らんでしまうことによって剥離が起きます。

こうなっていたら、劣化はかなり進んでいる証拠なんです。

 

 

劣化症状を見つけても、まだ大丈夫と先延ばしにしがちですよね。。

しかし、補修依頼した時には劣化が激しくなっていて、修理代が高くついてしまいます!!

定期的にチェックして、早めの対策を!!!!

 

 

 

 

 

 

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームの施工事例はこちらから!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホーム自慢のショールームはこちらからご覧いただけます!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームへのお問い合わせはこちらから!!