塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【東浦町】外壁材別!劣化の特徴 大府市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店ミセイホーム

【東浦町】外壁材別!劣化の特徴 大府市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店ミセイホーム

塗装の豆知識 2022.06.09 (Thu) 更新

大府市・東浦町・東海市の皆さん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のミセイホームです!!

 

 

今回のブログでは、お家に使われている外壁材別に

劣化状態の特徴を解説したいと思います!!

ご自身でのお家の点検の目安にしていただけると幸いです。

 

 

 

 

 

目次

外壁材別の劣化特徴【外壁塗装】

メンテナンスの重要性【外壁塗装】

大府市・東浦町・東海市の外壁塗装専門店!ミセイホーム

 

 

 

外壁材別の劣化特徴【外壁塗装】

モルタル系 ALC

防水性が低い為、塗膜が劣化してしまうとひび割れが発生しやすいのが特徴です。

外壁にチョーキング現象やひび割れ、コケなどが見られたら防水性が低下しているサインです。

 

窯業サイデイング

セメント系の外壁なので、変形や膨張が発生しやすいです。

さらに、塗膜の剥がれとコーキングの劣化にも注意が必要で、特にコーキングには要注意です。

モルタルと同様にチョーキング現象やひび割れにも気を付けてチェックすると良いでしょう!!

 

金属サイディング

ガルバリウム鋼板・アルミなどを成型したもので、

表面は塗装されており、裏には断熱発砲プラスチック系が施してあります。

金属性なので吸水性はありませんが、端の部分などに充填されたコーキングは劣化するのでメンテナンスが必要です。

 

木板張り

木材には浸透性保護塗料を使用しますが、経年とともに欠如し、腐食が進行してしまいます。

3年程度を目安して、定期的なメンテナンスを行いましょう。ウッドデッキなども木部も同じです!

 

お電話はこちらから⇒0562-48-2215

お問い合わせはこちらから⇒お見積もり・ご相談ページ

 

メンテナンスの重要性【外壁塗装】

上記のように、それぞれの外壁には劣化の特徴があります!!!

木造住宅における耐候年数は、22年程度と言わています。

最近では細目にメンテナンスをしなくても、快適な暮らしのおくれる高性能なお家も増えてきましたが、

気象や立地などの条件によって、早めにメンテナンスを行わなければならない場合もございます。

車をお手入れするように、ご自身でも行えるメンテナンスがお家の寿命にはとても大切になります!

まずは外壁の特徴や劣化状況をよく知っていいただけると良いかと思います。

メンテナンス方法をしっかり知りたい方、ご自身ではできないメンテナスについてはお気軽にご相談下さいね。

 

お電話はこちらから⇒0562-48-2215

お問い合わせはこちらから⇒お見積もり・ご相談ページ

 

 

 

 

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホーム自慢のショールームはこちらからご覧いただけます!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームへのお問い合わせはこちらから!!