塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【東海市】大雨のときだけ雨漏りする… 大府市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店ミセイホーム

【東海市】大雨のときだけ雨漏りする… 大府市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店ミセイホーム

塗装の豆知識 2022.09.08 (Thu) 更新

大府市・東浦町・東海市の皆さん、こんにちは!!

大府市・東浦町・東海市の地域密着! 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店ミセイホーム です!

 

 

最近は台風の影響で急な大雨も多く、お天気が不安定ですね。。。。

いきなり雨漏りしてきた!!なんてお宅もあるのではないでしょうか?

今回は、大雨のときだけ雨漏りするのは何故か、原因などを詳しくお伝えしていきますね🌼

 

 

 

 

 

    目次

    雨漏りの初期症状!

    大雨時の雨漏りの原因

    大府市・東浦町・東海市の外壁塗装専門店ミセイホーム

     

     

    雨漏りの初期症状!

    大雨が降った時だけ雨漏りするのは、雨漏りの初期症状なので今後悪化するリスクが高いです☔🏠

    雨漏り自体も少量なケースが多いですが、少ないからといって放置してしまうと

    雨漏りの範囲が広がったり、どんどん量が増えていってしまう可能性があります💦

    長い間紫外線や雨風によるダメージを受けて、お家の様々な箇所が劣化することは避けられません😢

    劣化が進む前に、早めのメンテナンスを行うことで大切なお家を守ることが出来ます!

     

    大雨時の雨漏りの原因

    大雨や強風時に雨漏りする原因を解説していきます!

    以下の劣化が見られたら、放置せずにお早めに業者へ相談しましょう💁‍♀️

     

    シーリングの劣化

    シーリング部分は、直に雨風や紫外線の影響を受けるので経年劣化しやすいです💦

    劣化が進むと、剥がれや亀裂などが発生し、その隙間から雨水が浸入することになります☔

    シーリングはゴムに近い性質を持つため、一気に劣化せずに徐々に進んで行きます!

    そのため、少しの雨ならば雨水はお家の内部に侵入しませんが

    強風を伴うような大雨の場合には、剥がれた部分や隙間から水が侵入してしまい、雨漏りする恐れがあります😢

     

    屋根・外壁部材の劣化

    外壁や屋根は、紫外線や雨などにさらされ続けているので、経年劣化してしまいます🏠

    塗装や葺き替えなどのメンテナンスをすることが大切になりますので

    まずは、築10年程度経過している場合は一度点検することをオススメします❕

    長年メンテナンスや再塗装をしていない場合、様々な箇所で劣化が進行している可能性が高いです💦

     

    外壁のクラック

    外壁の素材によっては経年劣化の症状として、ひび割れ(クラック)が発生します❕

    クラックがあると、激しい雨が降った時に内部に雨水が侵入してしまい、雨漏りする可能性があります☔

    また、外壁内内部に水分が溜まった状態にもなってしまい、雨漏りだけでなくカビや腐食の発生も考えられます!

    カビなどは、皆様の健康被害にまでつながる恐れがある危険なものです💦

    クラックは放置するほど大きくなって行きますので、早めのメンテナンスが大切です!

     

     

    屋根や外壁など、経年により紫外線や雨風等の影響を受けてお住まいのあらゆる箇所が劣化してしまいます🏠

    現在お住まいのメンテナンスを検討中の方、これから検討する方のお力になれたら幸いです🍀

     

     

     

     

    大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームの施工事例はこちらから!!

    大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホーム自慢のショールームはこちらからご覧いただけます!!

    大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームへのお問い合わせはこちらから!!