塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【大府市】外壁塗装の剥がれの原因? 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

【大府市】外壁塗装の剥がれの原因? 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

塗装の豆知識 2021.12.15 (Wed) 更新

大府市、東海市、東浦町の皆様!こんにちは!

外壁塗装専門のミセイホームです!!

 

前回のブログでは、外壁塗装の塗膜剥離で起きるリスクをお話しました!

塗装の剝がれの原因は施工不良だとお伝えしましたが、

今回はどのような施工不良なのかを詳しくご紹介していきます!

是非、最後までご覧ください🎁🎁

 

 

👇👇👇前回のブログ

外壁塗装の剥がれは危険!【大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム】

 

 

 

 

 

目次

外壁塗装の塗膜が剥がれる原因

 下塗り塗料の選定ミス【外壁塗装】

 下塗りの方法が不適切【外壁塗装】

 下地処理が不十分【外壁塗装】

大府市、東海市、東浦町の外壁塗装専門店!ミセイホーム

 

 

 

外壁塗装の塗膜が剥がれる原因

まず根本的な原因とは、外壁材と塗料がしっかり密着していないからです!

外壁塗装工事では、塗料メーカーが定める施工方法があります。

その規定に従い正しく施工する事で、塗料の性能を十分に発揮する事ができるんです。

なので、塗膜剥離の原因となる施工不良とは、下地処理が不十分だったり

下塗り塗料の選定がよくなかったり、何かしら必要な手順を省いているという事です。

それでは、詳しく一つずつ解説していきますね💡💡

 

下塗り塗料の選定ミス【外壁塗装】

外壁塗装の塗り工程は、下塗り・中塗り・上塗りの3回主流です。

中でも下塗り塗料は、外壁材と上塗り塗料の密着性を高める役割で、とても大切です。

また下塗り塗料にも様々な種類があるので、塗装する下地によって適したものを選ばなければ、上塗り塗料を活かせません。

この下塗り塗料の選定を誤ると、上塗り塗料が下地に密着できなくなり、早い段階で剝離してしまう原因になるんです。

 

下塗りの方法が不適切【外壁塗装】

外壁塗装工事では、下塗り・上塗りどちらの塗料にも、希釈量や塗布量が決められています。

塗膜形成の始まりである下塗り塗料を塗装する際に、適切な量で塗装しなくては意味がありません!

決められた希釈量を超えて塗料が薄まっていたり、面積当たりの塗布量が足りなかったり

乾燥時間が少なかったりしてしまえば、本来の性能をはるかに下回ってしまいます😟

乾燥時間を置かずに塗装してしまえば、塗膜と下地の間に空気入り、ピンホールや膨れも発生します。

このような規定の他にも、外壁塗装を行う時の天候・気温・湿度も考えなければならないので、

経験が浅く知識のない職人であると、施工不良を起こしてしまいます💦💦

また、材料費などを浮かすためにわざと手抜き工事する悪徳業者もおりますので、信頼のおける業者を選びましょう!

 

下地処理が不十分【外壁塗装】

下地と塗料をしっかり密着させるには下塗りが大切とお話しましたが、下地の処理も大切な工程です。

下地処理がしっかりされていないと、下塗り塗料が密着できません!!

なので、下塗り・上塗り塗料に高耐久なものを使用したとしても、下地処理が足りなければ

下塗り塗料が密着できず、さらに下塗り塗料が密着していなければ、上塗り塗料も密着できません。

下地処理には、高圧洗浄・クラックの補修作業・旧塗膜や錆を落とすケレン作業があります。

それぞれの工程全てで適切な処理が必要で、どれか一つでも作業に手を抜いてしまうと

全てが台無しになってしまい、わずか数年でボロボロになり再塗装しなくてはいけなくなります😭😭

 

 

 

 

 

 

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームの施工事例はこちらから!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホーム自慢のショールームはこちらからご覧いただけます!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームへのお問い合わせはこちらから!!