塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【大府市】コケの発生 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

【大府市】コケの発生 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

塗装の豆知識 2021.11.26 (Fri) 更新

大府市・東海市・東浦町のみなさまこんにちは!!

外壁塗装専門のミセイホームです!!!

 

 

 

今回のブログでは、外壁に付く【コケ】のことをお話したいと思います!!

コケと聞くと梅雨の時期に多いんじゃないかと思いますよね。

もちろん生えやすいのは梅雨ですが、10月に成熟して、11月~12月には胞子を撒き始め、2月~3月まで続くコケもあります。

しかし!コケの動きが鈍くなっているのがこれから始まる冬場なんです!

動きが鈍くなっている今の時期に、コケからお家を守りましょう(‘ω’)

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

外壁塗装におけるコケの発生の仕方

外壁塗装に生えるコケは悪影響!

大府市、東海市、東浦町の外壁塗装専門店!ミセイホーム

 

 

 

 

外壁塗装におけるコケの発生の仕方

コケはカビと同様に、胞子を飛ばすことで繁殖します。

どんな所でも根を下ろすことが出来ます!

コケは固さなどに関係ないので、石やコンクリートにも繁殖するんです。

コケが着床したところの湿度と栄養があれば、大量に繁殖していってしまうでしょう…

 

コケが繁殖しやすいところ

・風通しが悪い

・草や木が生えている

・直接日光が当たらない

・湿度が高い

・外壁塗装から何年か経過している

・外壁塗装の劣化が始まっている

※コケによっては日の当たる場所でも生えてくるものもあり、回避することはなかなかできません😅

 

新築のお家にはコケが生えない

新築のお家、または外壁塗装したばかりのお家にコケが生えていることってないですよね!

外壁塗装では防水加工が施されるからです。

防水の外壁にはコケが好む水分が足りませんので、コケが生える事はありません。

しかし年月を重ねていくと、防水機能は劣化してしまい、内部の湿度が高まります。

そして!!ついにコケが育つ条件が揃って繁殖を始めます!

 

 

外壁塗装に生えるコケは悪影響!

コケによって、建物への影響があります!

コケやカビが発生していると外壁が劣化し、変色の原因になります。

また湿気を含み、さらに劣化を進行させて、腐食の原因にもなってしまいます。

コケ自体は小さくても、外壁へダメージを与え続けるとても厄介な存在です!!

早めに除去をしましょうね😫‼

 

そしてコケは建物だけでなく、人体への影響もあるんです。

コケはカビを発生させる原因にもなります!!そのカビは、アレルギーを起こす原因に…😭

コケだけでなく、カビにも注意が必要です!!

 

 

 

皆様のお宅は大丈夫ですか??

コケやカビが発生していたら、なるべく早めに手を打ちましょうね(/・ω・)/

 

 

 

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームの施工事例はこちらから!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホーム自慢のショールームはこちらからご覧いただけます!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームへのお問い合わせはこちらから!!