塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【大府市】サイディング? 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

【大府市】サイディング? 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

塗装の豆知識 2021.11.09 (Tue) 更新

皆様こんにちは!!

外壁塗装専門のミセイホームです!!

 

 

11月に入り、どんどん寒くなってきましたね。

日が落ちるのがとても早く、なんだかさみしくなります。。^^

 

さて、今回は【サイディング】についてお話したいと思います!

 

皆様は、サイディングってご存知でしょうか?

なんと、日本にある住宅の外壁の7割程がこのサイディングを採用しているんです!

 

ではその【サイディング】とはどの様な外壁の事なのでしょうか?

 

 

 

サイディングって何?

サイディングにも、いくつか種類があるのですが、

最近の住宅のほとんどで使用されている【窯業系サイディング】は

セメントや木材を混ぜて作られた板です。

レンガ風やタイル調などおしゃれなものが多く、

軽い!丈夫!熱に強い!更には施工が簡単なので工期も短く済むということで

ここまで普及したのです。

 

サイディングは、塗装されて作られ持ち込まれるのですが、

その塗装が紫外線などで劣化して水を吸収してしまうようになり、耐久性が落ちてしまいます。

なので、劣化してきたときには再塗装をしなければいけません

再塗装せずに放置してしまうと、水が侵入し内側の防水シートまで傷付けてしまいます。

 

 

サイディングの劣化状態にはいくつかの現象がありますので

そちらをご紹介していきたいと思います。

 

チョーキング現象

サイディングを触ってみると、手に白い粉が付くことがあります。

これはチョーキング現象といわれるもので、外壁にある塗膜という膜が取れてしまって起こります。

この現象がある場合、外壁塗装が必要になります。

 

ひび割れ

サイディングにひび割れが見られたら、直ぐに対処しなければなりません。

ひび割れている箇所から漏水してしまい、雨漏りの原因になってしまいます。

 

コケやカビ

サイディングにコケやカビが出来ていたら、外壁塗装が必要な時です。

塗料が剥がれ水を吸収してしまうと、空気中のコケの胞子が外壁に付いてしまい繁殖します。

 

シーリングのひび割れ

サイディングで出来た外壁は、外壁と外壁の間のつなぎ目を埋めるシーリングと言うものが入っています。

シーリングは弾力性があり、細かな動きを吸収してくれるゴム状のもので、紫外線に弱いんです。

シーリングが劣化し、ひび割れが起きると隙間から水が入ってしまう事があります。

外壁だけではなく、しっかりシーリングも確認してみてください。

 

 

これらの劣化現象が見られるときは、外壁塗装の時期です!

早めな確認、発見で塗装費用も抑えられるので、是非皆様のお宅もチェックしてみて下さい!!

 

 

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームの施工事例はこちらから!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホーム自慢のショールームはこちらからご覧いただけます!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームへのお問い合わせはこちらから!!