塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【大府市】サッシからの雨漏り!? 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

【大府市】サッシからの雨漏り!? 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

塗装の豆知識 2021.12.25 (Sat) 更新

大府市、東海市、東浦町のみなさん、こんにちは!

外壁塗装専門店のミセイホームです!!

 

皆さんは、ご自宅のサッシの状態を見たことはありますか?🤔

外壁と同じようにサッシも劣化していき、雨漏りの原因になってしまうんです!!

今回はサッシについて詳しくお伝えしていきます。

 

 

 

 

目次

サッシとは【外壁塗装】

サッシの種類と構造【外壁塗装】

サッシ廻りの雨漏り原因【外壁塗装】

大府市、東海市、東浦町の外壁塗装専門店!ミセイホーム

 

 

 

サッシとは【外壁塗装】

本来サッシとは、窓枠や窓枠として用いる建材の事を言いますが、

一般的には、鋼やアルミニウムなどで出来た金属製窓枠の事を示します!

またメーカーによって木製や樹脂、アルミニウムと樹脂の複合もサッシと表現する事もあり

窓枠だけでなく、窓全体のことを指す場合もあります。

サッシには、窓を密閉して雨風を防ぐ役割がありますが、窓を閉めていても雨水が漏れてくる事がありますよね?

なぜ雨漏りしてしまうのか、原因を見ていきましょう👀

 

サッシの種類と構造【外壁塗装】

サッシは、性能によって一般・防音・断熱・改修用に分かれています。

更に、引き違い・上げ下げ・たてすべりだしなど、窓によっても様々な種類があります。

近年では、アルミニウム×樹脂のサッシ枠や、樹脂アングルを用いて

結露の防止効果と断熱性能を高めた【断熱サッシ】が主流になっています🥰

 

サッシ廻りの雨漏り原因【外壁塗装】

シーリンの劣化

雨漏りの原因として、最も多いのがシーリングの劣化です。

窓枠を外壁にはめる際に隙間ができてしまうのですが 、それを埋める為にシーリングというゴム状のものが施されます

シーリングは、紫外線や雨水などが原因で10年程度で寿命を迎えてしまいます。

寿命が過ぎると、剥がれやひび割れが発生して隙間ができ、雨漏りの原因になるんです!

 

外壁のひび割れ

外壁塗装が劣化して、ひび割れが生じると、そこから雨が浸水していきます。

パッと見ただけでは分からない程の細かいひび割れや、小さな穴でも水は入ってしまいます。

そして、時間の経過と共に少しずつ雨漏りするようになるんです。

またサッシの周りだけではなく、もっと上にあるひび割れが原因で、雨漏りしてしまうこともあります。

 

上部にある換気扇や配管

窓の上部にある換気扇や配管に、ある程度の防水対策は施されていますが

台風などであちこちから雨が吹き込むときには、雨水が侵入する可能性が高いです。

 

引き違いサッシの境目

台風のときは、真横からも雨が吹きつけることもあります。

引き違いサッシの場合、境目に隙間があると、そこから浸水することがあります。

 

窓が屋根に近い

サッシの近くに、壁についている屋根があり、その壁にひび割れが生じていると

屋根から降りてきた雨水が侵入してサッシから雨漏りします。

 

防水処理の不備

通常、サッシを取り付ける前に防水シートやフィルムを貼って防水処理を行います。

しかし、それが行われていなかったり処理方法に不備があると雨漏りしてしまいます。

 

 

 

 

 

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームの施工事例はこちらから!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホーム自慢のショールームはこちらからご覧いただけます!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームへのお問い合わせはこちらから!!