塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【東海市】屋根の塗装は本当に必要? 大府市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店ミセイホーム

【東海市】屋根の塗装は本当に必要? 大府市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店ミセイホーム

塗装の豆知識 2022.08.13 (Sat) 更新

大府市・東浦町・東海市の皆さん、こんにちは!!

大府市・東浦町・東海市の地域密着! 外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店ミセイホーム です!

 

 

屋根は外壁と違って、見えにくい場所なので、劣化を感じらず塗り替えメンテナンスの必要性を理解しづらいです。

雨漏りもしてないし、必要ないのでは?と思う方も多いかもしれません。しかし、ほとんどのお家は屋根塗装が必要なんです!

今回は屋根塗装の必要性についてお話していきます。

 

 

 

 

 

目次

屋根塗装は必要不可欠!

塗装時期の目安【屋根塗装】

まずは点検を!【屋根塗装】

大府市・東浦町・東海市の外壁塗装専門店ミセイホーム

 

 

屋根塗装は必要不可欠!

屋根は外壁よりも紫外線や雨風にさらされやすく、大きなダメージを受けています。

その為、屋根塗装はとても重要なんです!

屋根の下には防水シートがあるのですが、そのシートが劣化すれば水が染み込んでいきます。

屋根の傷みからシートまでいってしまうと、建物自体の劣化原因になりかねません…。

また、防水効果が切れてしまい水を吸収するようになると、コケやカビが発生するんです!

建材を防水して長持ちさせるためには、屋根塗装は欠かせません。

 

塗装時期の目安【屋根塗装】

お家によって塗装のタイミングは異なるので、築年数的にはまだでも症状が発生したら屋根塗装を考えましょう!

 

築年数8~10年目

屋根塗装の目安は、築8~10年ごろと言われています。

この位経過すると、紫外線ダメージによって防水効果が失われてしまいます。

外壁と違って、日光を遮るものがないため、劣化が早く進んでしまいます。

本来ならば、劣化が進んでしまう前に塗装を行うのが良いでしょう!!

 

色褪せやコケ・カビが目立ち出した

防水効果が切れてしまうと劣化症状が発生します!

ひび割れや雨漏りの場合は、かなり劣化が進行している状態なので、その前に現れる

色褪せやコケ・カビが気になってきた段階で塗装を考えると良いですね。

 

まずは点検を!【屋根塗装】

大切なのは、プロによる点検や診断です!!

ご自宅の屋根の状態や塗装のタイミングは実際に見ない事には分かりません。

どうしようかと考えている間にも劣化は進行していきます!点検は早めに5,6年ごとに行うことをお勧めします!

万が一劣化が発生していても、早い段階で分かることで補修工事なども軽く済み、コストも抑えられますね。

地元塗装業者のほとんどは無料点検を行っていますので、依頼しましょう!

ご自身での屋根のチェックは危険なので行わないでくださいね。

 

 

 

 

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームの施工事例はこちらから!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホーム自慢のショールームはこちらからご覧いただけます!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームへのお問い合わせはこちらから!!