塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【東浦町】要注意!雨樋の劣化 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

【東浦町】要注意!雨樋の劣化 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

塗装の豆知識 2022.04.23 (Sat) 更新

大府市・東浦町・東海市の皆さん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店のミセイホームです!!

 

今回のブログは、雨樋の修理が必要な症状を詳しくお伝えします。

梅雨に向けて対策の参考になれば幸いです!!

 

 

 

 

 

目次

要注意の症状【外壁塗装】

雨樋の劣化と原因【外壁塗装】

雨樋の交換時期【外壁塗装】

大府市・東浦町・東海市の外壁塗装専門店!ミセイホーム

 

 

 

要注意の症状【外壁塗装】

主に軒樋と、水を集めるための集水器付近に症状が出やすいです。

 

雨樋(軒樋)の症状

ゆがみ・たわみ・脱落・詰まり

取付位置の不良・支持金具の曲がりや壊れ

 

集水器(上合)の症状

ズレ・脱落・割れ・雨漏り

竪樋とつなぐ集水器のエルボの脱落

 

雨樋の劣化と原因【外壁塗装】

詰まり

位置が高いので普段目に付きませんが、雨樋の中にはホコリや泥が溜まっていて、時間の経過とともに増加します。

さらに、カビやコケなどが発生すると雨水の排水が出来ずに溢れてしまい、雨漏りが発生します。

他にも、近くに木があれば落ち葉や枝が入ったり、虫や動物の死骸、風で飛んできたゴミなどが詰まってしまう可能性もあります。

雨樋の掃除をすれば問題解決しますが、長期間放置してしまうと、重さで雨樋がゆがんでしまい、交換が必要になります。

 

ゆがみ

台風などの暴風雨の影響で、雨樋がゆがんでしまうことがあります。 

ゆがんだ箇所から雨水が落ちてくるようになり、隣のお家との距離が近い場合には迷惑をかけてしまう可能性もあります。

ご自身のお家だけの問題と考えず、早めに交換してくださいね!!

 

劣化

雨樋は常に紫外線や風雨にさらされてダメージを受けているので、経年劣化で少しずつ傷んでしまいます。

すると、脆くなった継ぎ手が外れたりして、隙間から水が漏れる事態にもなります。

長期間使用している雨樋に継ぎ手の隙間ができている場合は、雨樋の全取り換えをオススメします!

 

雨樋の交換時期【外壁塗装】

雨樋の交換時期は築15年~20年と言われております!!

しかし、雨風などの激しいダメージからお家を守ってくれていますので

詰まりなどが原因で劣化が進んでいた場合は、目安より前に交換が必要になってしまうこともあります。

 

 

雨樋は、お家の腐食を防ぐためのとっても大事な付帯部です!

しっかりと機能を果たしていないと、雨水によって建物自体の劣化を引き起こしてしまいます。

屋根・外壁塗装をお考えで点検してもらう際には、雨樋も必ずチェックしてもらいましょう。

 

 

 

 

 

 

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームの施工事例はこちらから!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホーム自慢のショールームはこちらからご覧いただけます!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームへのお問い合わせはこちらから!!