塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【東浦町】雨漏り原因は様々です! 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

【東浦町】雨漏り原因は様々です! 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

塗装の豆知識 2022.04.02 (Sat) 更新

大府市・東浦町・東海市の皆さん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店のミセイホームです!!

 

 

雨漏りの原因は、屋根や塗膜・シーリングの劣化以外にもあります!!

今回は、その他の原因についてご説明していこうと思います。

雨漏りは、対応が早いほど被害が少なく済みます🤔

雨漏りが多くなる梅雨時期に入る前に!しっかりと知識を身に着けて、急な雨漏りにも備えましょう!!

 

 

 

 

 

 

目次

外壁のクラックから【外壁塗装】

付帯部の劣化から【外壁塗装】

大府市・東浦町・東海市の外壁塗装専門店!ミセイホーム

 

 

外壁のクラックから【外壁塗装】

外壁の塗膜劣化と外壁材の劣化が進行すると、クラック(ひび割れ)が発生します😥

その割れ目から雨水が侵入してしまい、建物の内部まで浸水することで雨漏りが起こるんです。。

クラックが発生した場合は、種類によってすぐさま修繕工事が必要となります!!

 

クラックには大きく分けて2種類あり、構造クラックヘアクラックと呼ばれるものです。

構造クラックとは、幅0.3ミリ以下で深さ5ミリ以上のクラックを差し、それ以下のものはヘアクラックになります。

ヘアクラックは、名前通り髪の毛程の細さで深さもありませんので、早急な対応は必要なく

外壁塗装する際に、専用の下塗り塗料を塗れば埋まってしまいます😋

しかし構造クラックの場合は、早急に部分補修でも良いので補修が必要です!!

主な修理方法としては、シーリング材を充填させたり、その上からモルタルをつけたりします🏡

 

付帯部の劣化から【外壁塗装】

化粧胴差

幕板と呼ばれる事もあり、サイディング外壁のデザイン性を高め、横の目地を隠す役割を持っています。

胴差の上部にはシーリングが施されていますが、防水の役割を持つシーリングが劣化すると、雨水が侵入してしまいます💦

外壁塗装の際には、サッシ周りや目地だけでなく、胴差のシーリングの打ち替えも行うと良いですね!

 

水切り

お家を建てる際、部材同士の繋ぎ目には雨の侵入を防ぐための水切り金具が取り付けられます。

しかし、この水切り金具が劣化して腐食する事で、雨水の浸水を許してしまい雨漏りの原因になるんです💥

劣化がそこまで進行していなければ、シーリング補修などで済みますが

深刻な状況になっていた場合は、金具自体の交換をしなくてはいけなくなってしまいます。。

 

 

 

いかがでしたか?

梅雨に入って雨漏りリスクが高まる前に、しっかりとメンテナンスを行っておくと良いですね!!

 

 

 

 

 

 

 

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームの施工事例はこちらから!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホーム自慢のショールームはこちらからご覧いただけます!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームへのお問い合わせはこちらから!!