塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【大府市】ストレート屋根! 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

【大府市】ストレート屋根! 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

塗装の豆知識 2021.12.21 (Tue) 更新
大府市、東海市、東浦町のみなさん、こんにちは!
外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホームです!!

 

 

早速ですが、今回のブログは!!

ストレート屋根について、詳しく書いていきたいと思います😀😀

ストレート瓦・カラーベスト・コロニアルとも呼ばれていますが

どんなものなんでしょうか!??

 

 

 

 

 

 

目次

ストレート屋根とは【外壁塗装】

メリットとデメリット【外壁塗装】

メンテナンスと修理【外壁塗装】

大府市、東海市、東浦町の外壁塗装専門店!ミセイホーム

 

 

 

スレート屋根とは【外壁塗装】

スレート屋根とは、セメントを薄い板に加工した屋根材のことです。

1枚あたり約1畳の大きさで、敷き詰めたあとに釘や接着剤で固定して使われます。

ストレート屋根は、日本の住宅で最も普及している屋根材です💡

金属製でなく、平らな板が貼りあわされているものはスレート屋根と言えます! 

 

メリットとデメリット【外壁塗装】

メリット

価格が安い

他の屋根材と比べると、価格・メンテナンス費用ともに比較的安く、最大のメリットとなっています。

 

色やデザインが豊富

黒や茶色、グレーなど定番の色から、青や緑など様々なカラーが販売されています。

形や質感にもたくさんの種類がありますので、デザインがとても豊富な屋根材なんです🎨

 

軽くて耐震性が高い

金属性の屋根材には少し劣りますが、重量が軽く、建物への負担が少ないです!

その為地震で建物が倒壊したり、傷ついたりするリスクが減ります🙂

 

デメリット

割れやすく耐久性が低い

セメントの薄い板なので、強風や荷重によってひび割れが発生することが多いです💦

雨漏りを防いで長持ちさせるには、メンテナンスや補修をしっかり行って住み続けなければいけません。

 

メンテナンス頻度が多い

先ほど説明した通り、ひび割れが多いため

異常がなくても5年を目安に点検や補修をするのがオススメです🤗

 

メンテナンスと修理【外壁塗装】

新築から5年目に点検・補修

ほとんどのスレート屋根には、新築の時からとても小さなひびが入っています!!

その小さいキズが、雨風や紫外線の影響で広がっていくのが約5年くらいなんです。

ですので、このタイミングで点検や補修を依頼して、屋根の剥がれ・雨漏りなどを防いでおくと良いですね😋

 

築15年目に棟の交換

板金で出来ている、屋根の頂上の蓋のことを棟と言います。

経年劣化で固定しているクギが弱くなり、台風などで外れてしまう可能性が高くなります。

予防するために築15年程度で棟の交換を行うと安心できますね💁‍♀️

 

築30年目に葺き替え

スレート屋根の耐久年数は、約築30年と言われているんです。

なので、30年目には屋根を新しく全交換する葺き替え工事が必要になります!

葺き替えする場合は、スレート屋根から別の屋根材に変えることもできます🏡🏡

 

 

 

 

 

 

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームの施工事例はこちらから!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホーム自慢のショールームはこちらからご覧いただけます!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームへのお問い合わせはこちらから!!