塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【大府市】雨樋の工事 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

【大府市】雨樋の工事 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

塗装の豆知識 2021.12.13 (Mon) 更新

大府市、東海市、東浦町の皆様!こんにちは!

外壁塗装専門のミセイホームです!!

 

 

みなさんはお家の雨樋はごの部分かご存じですか?

大体の方は知っていると思いますが😉😉

屋根の端に付いている軒樋は、屋根から落ちてきた雨水を受け止める役割

軒樋から下に伸びる竪樋は、軒樋から流れて来た雨水を排水溝まで運ぶ役割があります!

そんな【雨樋】について今回はお伝えしていきます✨

 

 

 

 

目次

実は重要な雨樋工事【外壁塗装】

雨樋交換の時期【外壁塗装】

雨樋の劣化と原因【外壁塗装】

大府市、東海市、東浦町の外壁塗装専門店!ミセイホーム

 

 

 

 

 

実は重要な雨樋工事【外壁塗装】

雨樋に何かの不具合が起きても、大したことはないだろうと放置すると

お家はかなりのダメージをくらってしまいます!!

雨樋から漏れ出た雨水が軒をつたい、外壁から地面に流れていき、お家の土台を

痛めることがあり、外壁の内側へ入ってしまったら腐食したり

カビが発生したりと、被害が拡大してしまうことも…💦💦

 

 

雨樋交換の時期【外壁塗装】

雨樋の交換目安は築15~20年と言われています。

お家の築年数がそれ以上になっている場合、つなぎ目や金具までなどにも不具合が出ていると思われます。

壊れるのがいつになってもおかしくない状態です💥

 

 

雨樋の劣化と原因【外壁塗装】

詰まり

 普段は見えないのですが、雨樋の中には埃や泥などが溜まっていて

 時間の経過とともに増えていきます!

 さらに内部にカビやコケが発生すると雨水の排水ができなくなり

 溢れ出てしまい、本来なら水が落ちてこない部分で雨漏りが発生してしまいます!

ポイント

 お家が築10年になるタイミングで、業者さんに外壁や屋根の点検してもらう時

 雨樋の状態も一緒に確認してもらうと良いでしょう!

 

ゆがみ

 お家の雨樋は、台風や雪の影響によってゆがんでしまうことがあります。

 大雪の際は特に、屋根に積もった雪とともに雨樋が垂れてしまうといった深刻な事態にもなりかねません!

 雨樋がゆがむと、そこから雨水が落ちてくるようになりますので、

 軒と隣の敷地が近い場合などは近隣の方へ迷惑をかけてしまうこともあります。

ポイント

 お家の雨樋がゆがんでしまっている場合は、悪影響が出る前に

 早めに交換するようにしましょう!

 

経年劣化

 

 外に付いている雨樋は常に紫外線や雨風にさらされているので

 年月が経つにつれて劣化は少しずつ進んでいきます!

 雨樋がきちんと機能するのは築15~20年程度なので、それを超えると

 金具の腐食やグラつき、つなぎ目の剥がれ、雨樋そのものの破損など、様々な影響がでてきます!

ポイント

 悪天候の影響で全体が破損する恐れがあり、部品が飛んだり落ちたりと

 危険なこともあるので、壊れてからでもいいと放置せずに、

 交換時期が近いならば業者さんに点検してもらうと良いでしょう!

 

 

 

雨樋に関しても、改修や塗装をする目的は美観だけでないという事です❣❣

お家の全てのパーツに役目がありますので、点検や手入れをしっかりと行ってください😝

 

 

 

 

 

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームの施工事例はこちらから!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホーム自慢のショールームはこちらからご覧いただけます!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームへのお問い合わせはこちらから!!