塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【東浦町】外壁塗装を行わなかったら… 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

【東浦町】外壁塗装を行わなかったら… 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

塗装の豆知識 2022.03.25 (Fri) 更新

大府市・東浦町・東海市の皆さん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店のミセイホームです!!

 

 

 

今回は、塗り替えをしないとどうなるのか?という疑問にお答えします!

お家の状況によっても変わりますが、外壁塗装の目安は約10年毎です。

しかし、まだ良いかなと放置している所も多いと思います💦💦

では放置してしまうと、どんな事が起きるのでしょうか!!

 

 

 

 

 

 

目次

外壁塗装をしないと…?

外壁塗装の耐久性がなくなると…?

外壁内部の劣化が始まると…?

症状が起きてからでは遅い!

大府市・東浦町・東海市の外壁塗装専門店!ミセイホーム

 

 

 

 

外壁塗装をしないと…?

見た目では分からない場合でも、外壁の耐久性は必ず落ちていきます。

何十年もメンテナンスしないで、放置しても良い外壁は無いと言えます!!

外壁塗装は、雨風、紫外線、湿気などの様々なダメージから大切なお家を守ってくれています。

塗装しなければいけない理由は、外壁の美観だけではありません。

常に休みなくお家を守ってくれている為、当然ダメージにさらされている塗料は剥がれていきます😥

 

外壁塗装の耐久性がなくなると…?

ひび割れの発生

外壁塗装が剥がれて耐久性がなくなるとひび割れが生じます。

更に、ひび割れと共に外壁が反ってきてしまいます。

 

外壁内部の劣化

外壁にひび割れが発生すると、雨や汚れが外壁内部まで染み込み、そこから腐食が始まります。

 

防水効果の低下

外壁の耐久性が落ちると上記のように、雨などの水分や湿気の侵入を防げなくなります。

 

外壁内部の劣化が始まると…?

外壁内部の腐食

外壁内部に水分が入り込み、外壁内部や木材の腐食が始まります。

腐食が進むと外壁が崩れる可能性も出てきます。

 

お家が傾く危険性

雨漏りなどが起きて木材部分まで腐食すると、お家が傾く恐れもあります。

お家に隙間ができてしまう事で、断熱性も低下します。

 

雨漏り

外壁自体に雨や湿気を受けるのを防げなくなり、室内まで水分が漏れ出して雨漏りします。

 

コンクリートの強度が低下

外壁のコンクリートに含まれるセメント成分が中性化し、本来の強度を失います。

 

症状が起きてからは遅い!

ひび割れや雨漏りの症状がある場合は、外壁の劣化はかなり進んでしまっています。

このような症状を放置すると、外壁内部の腐食が進み、塗装だけでは施しようがなく、外壁自体のリフォームが必要になり費用も増えます。

早めに外壁の補修を行っておけば、塗り替えだけで工事が済むので、費用も安く抑えることが出来ます。

外壁チェックは日頃から気にする様にして、早めに対応することが大切です!

 

 

外壁塗装は費用もかかりますし、時間も要します。

忙しいしまだ平気だろうと放置しがちですが、逆効果になってしまうんです🛠👀

 

 

 

 

 

 

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームの施工事例はこちらから!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホーム自慢のショールームはこちらからご覧いただけます!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームへのお問い合わせはこちらから!!