塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【大府市】トタンについて 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

【大府市】トタンについて 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

塗装の豆知識 2022.01.07 (Fri) 更新

大府市、東海市、東浦町の皆様、こんにちは!

外壁塗装専門のミセイホームです!!

 

 

今回は、トタンについて解説したいと思います!!

トタン屋根などは耳にしたことがあるのではないでしょうか?

どんなものなのかを詳しくお伝えしていきます💁‍♀️💁‍♀️

 

 

 

 

 

目次

トタンとは?【外壁塗装の豆知識】

種類と特徴【外壁塗装の豆知識】

大府市、東海市、東浦町の外壁塗装専門店!ミセイホーム

 

 

 

 

トタンとは?【外壁塗装の豆知識】

トタンとは、薄い鉄板に亜鉛メッキを施したもので【亜鉛メッキ鋼板】と呼ばれます。

鉄板のままですと錆びやすいため、亜鉛の膜を張張り錆びにくく加工されたものです。

錆びにくいという特長がるので、多くは屋根の建材として使用されています!

 

種類と特徴【外壁塗装の豆知識】

トタンには主に4種類あり、それぞれ見た目も使用箇所も異なります。

波トタン

昔からある代表的なものが、この波トタンです。

大波・小波と2種類あり、大波トタンは倉庫等の外壁に、小波トタンは昔の一般的なお家に使用されています。

どちらも均一に波状の加工がされおり、安価なのに強度は高いため、経済的なトタン板です!

また、塗装しやすい形状ですので簡単に塗り替えを行えます。

塗り替え時、釘には錆止めを塗って防食性を高めなければいけません。

角波トタン

工場やお店などに多く使用されているのが角波トタンです。

サイドから見たときに山型や角型の突起になっていて、こちらも強度が高いです!

塗り替え時には、塗り継ぎの部分に注意しなければいけません。

スパンドレルトタン

釘頭とビス部分が隠れていて変わった形をしたものがスパンドレルトタンです。

外壁だけでなく、看板やエントランス・ガソリンスタンドの天井などによく使われています。

塗装がしにくい形をしているので、塗り忘れに注意する必要があります。

リブ波トタン

近年、外壁に使用される事は減ってきましたが、和風住宅の外壁材としてよく使われています。

塗り替え時は、塗り継ぎ斑や釘部のカスレが出やすいため注意が必要です。

 

 

 

トタンの外壁は、他の建材と比べると継ぎ目がないので、雨水が侵入しにくく雨漏りに強いんです。

しかし亜鉛コーティングがされていても鉄板ですので、コーティングが剥がれた箇所や

傷ができた部分から錆が発生してしまい、雨漏りが起こることもあります😥

雨漏りをしてから修復するのでは、工事費用も高額になってしまいます。

お家を長期間維持する為にも、定期的に点検することをオススメします!

 

 

 

 

 

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームの施工事例はこちらから!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホーム自慢のショールームはこちらからご覧いただけます!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームへのお問い合わせはこちらから!!