塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【大府市】下塗りが重要 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

【大府市】下塗りが重要 大府市の外壁塗装・屋根塗装専門店ミセイホーム

塗装の豆知識 2021.12.06 (Mon) 更新

皆様こんにちは!

大府市!外壁塗装専門!ミセイホームです!!

 

 

 

外壁塗装の工程には、下塗り・中塗り・上塗りの3回の塗り工程があって、

この全てにそれぞれ大切な役割があります!

その中で今回は、下塗りの役割についてお話していきますね❤❤

 

 

 

 

 

 

目次

外壁塗装の下塗りの役割

下塗りが外壁塗装の耐久性を高める

大府市、東海市、東浦町の外壁塗装専門店!ミセイホーム

 

 

 

 

外壁塗装の下塗りの役割

下塗りは、3工程ある塗り作業の中で最初に行う塗装で、

外壁塗装の基本となる、最も重要な作業となります。

中塗りや上塗りとは成分も機能も全く違う塗料を使用しており、以下の様な役割があります。

 

密着力を高める

下塗りは、モルタルやサイディングなどの外壁材と

中塗り・上塗り塗料との密着性を高めて、耐久性の高い塗膜を作りだす役割があります。

また下地強化剤とも言われていて、下塗り塗装の工程を省いてしまうと

中塗り・上塗りの塗料が下地に定着出来ず、早くに剝離が生じるなど施工不良の原因となります。

 

下地の吸い込み防止

下塗りを行わずに、中塗り・上塗りをすると 直接外壁材を塗装する事になります。

すると、塗料の気泡などの様々な要因により、外壁材を傷めてしまう場合があります。

また、表面は美しく仕上がっていても、時間が経過していくと外壁材に塗料が染み込み

塗りムラが発生してしまいますので、美観が損なわれます。

 

 

下塗りが外壁塗装の耐久性を高める

外壁塗装工事は、塗膜が劣化して症状が出る事で行なわれます。

お家の外壁や屋根がどんな素材で作られていても、経年劣化は起きてしまいます。

 

ですが、劣化した外壁にそのまま塗料を塗っても、ムラになったり

最悪の場合、塗料が弾かれてしまい外壁塗装が出来なくなる事もあります!

その状態で外壁塗装しても、早い段階で施工不良が発生しますので、耐久性は初めから無くなります。

 

下塗りを行えば、下地と塗料がしっかり密着しますので、下地の吸収性を抑えて色ムラも抑えてくれるんです。

結果的に、耐久性の高い塗膜が作られて、塗料本来の機能が発揮されます!

 

このように、外壁塗装においての下塗りは、縁の下の力持ちのようなもの❣❣❣

外壁塗装が完了した後は目に見えなくなりますが、目に見える塗膜を支えてくれています。

 

下塗りの工程を省いたり、しっかりと行なわなければ

外壁塗装後のわずか1〜2年程度で、ボロボロになってしまい、美観にも大きな影響を与えます💥💥

 

 

 

 

 

 

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームの施工事例はこちらから!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホーム自慢のショールームはこちらからご覧いただけます!!

大府市、東海市、東浦町地域密着の外壁塗装専門店のミセイホームへのお問い合わせはこちらから!!